• 馬場精子

「馬場精子 正能彩 模様ワールドと遊ぶ」


「正能彩 模様ワールドを描くvol.1」が京都・伏見桃山「同時代の茶室 La Neige ラ・ネージュ(オーナー:四方有紀さん)」さんで開催されました。私はその展覧会の最終日に、「馬場精子 正能彩 模様ワールドと遊ぶ」にて朗読致しました。




実は、彩さんの作品がトランプになっていて・・・

少し前に購入しているのですが、その前から彩さんの絵のファンなのです。




そして、今回、朗読するきっかけとなったのが、この猫ちゃんの絵です!




















さぁ、模様絵の世界へ

ラ・ネージュさんの2階入口に!ワクワクしますね。





幼い頃から絵を描くことが大好きだった正能彩さん。

彩さんのもよう絵は、あのPOSCA で描かれています。

しかも下絵は一切描かれず、迷いなくどんどん描かれているというのですから、驚きです。











ポスカの色は限定されているのに、多彩な色を使ってられるように見えます。

そして奥行きを感じるのです。







彩さんは元々建築パースを長い間描かれていた、とお聞きして、納得致しました。

基本的なことをしっかりとなさってきたからこそ、思うままに描かれていても、彩さんの世界観をそのままに構築することができるのですね。



私は出演の時は、ラ・ネージュさんの三階を控え室に使わせていただきます。

そこから拝見した景色です。

リズムを感じる素敵な景色だと思われませんか。




この「茶筅」のような窓、素敵でしょう?

その下のタロットカードの絵と合っていますね。





今回、何人ものお仲間が、展覧会の準備に携わっていらっしゃいます。

そこもラ・ネージュさんならでは。素晴らしいですね!




クラゲがいっぱい!




思いつくままに描かれる絵。




そして最終日に行われた彩さんの模様ワールドと朗読、そして音楽とのコラボです。

音楽は大久保博志さん担当です。 宮沢賢治作『やまなし』をはじめとして、いくつかの作品を朗読いたしましたが、大久保さんは、作品の世界観とぴったり合う音楽を、即興で演奏してくださいました!会場からも感嘆のお声が。ありがとうございました!




彩さんと二人で。



最後、いらっしゃった方と。



皆様と共に。関東方面からいらっしゃった方も。

終わってからもお話にも花が咲いて、とても楽しい時間になりました。


ラ・ネージュ四方有紀さん、正能彩さん、お客様、そして前夜祭も含めてお出会いした皆さま、ありがとうございました。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示